読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらたまだんご

古典妖怪オタク絵師の絵やら雑記やら諸々の話

私的トラウマと理想自宅物件などなど

突然ですが、私はゾンビが苦手なのです。

算数で表すと、何故か一定の速度で動き回る点Pくらい苦手なのです。

て言うかもう、点P怖い。

なんで動くの?そもそも点Pて何さ?

 

まぁ、それは置いて…

何故こんなにゾンビが怖くなったかと思い起こせば、私が幼稚園に上がるか上がらないかくらいの頃…

 

初めてみた洋画が、再放送か再々放送かなんだかでお昼のTVで流れていたジョージ・A・ロメロ監督の『ZOMBIE』‼︎

 

当時、私の幼少期、まだまだ規制がゆるゆるの日本は、真昼間から容赦無く「え?子供に見せても大丈夫⁇」って言うようなエロもカルトも暴力も普通にテレビでダダ流ししている時代であり、そして、困った事に私の母親はそう言う事を一切気にしない、とにかく傍迷惑なゴーイング・マイ・ウェイの人で「面白い映画があるのよ‼︎」と観せられたのでした。

 

子供であった私のトラウマっぷりったるや!

それなのに、当時流行っていたのでしょうか?

私には流石に分からないのですが、次々にTVでゾンビ映画を流すんだこれが!

そしてやっぱり次々にゾンビ英才教育。

 

『ZOMBIE』から始まって…

『NIGHT OF THE LIVING DIAD』

死霊のえじき

 

幼稚園上がる前の子供を数日間不眠症にさせるには完璧なラインナップ!!

 

すっかりその経験のせいで、ゾンビが未だに怖く、ふと気がつくと自分がゾンビに襲われたら⁉︎という事を念頭に行動をしてしまうようになったのでした。

 

その、私がゾンビ襲来を念頭に置いて確認する事柄は、まずは「家」。

 

そう…近所の家という家を見ては、ゾンビに襲われた時、そしてまた、暴徒化した生きてる人間に対してどうやって立て篭もろうか…身を守ろうかとマジで考えてしまうのです。

 

家のカタログを見るや否や、外観や周りの環境は置いておいて、まず考えるのはゾンビ襲撃時にどれだけ耐久力があるか。

 

ゾンビは基本、知能が無い為にハシゴや階段を満足には上がれない。

暴徒もいちいち何もない壁に穴をぶち開けて入ろうとはしないはず。

 

なので、出来れば道路から2mは上に住居スペースが欲しい。

どういうことかと言うと、今時のファミレスのように一階は全てガランと開けて駐車場、二階以上に行くには階段で一本道、裏口も一本道。

もしくは高台で侵入経路が通路一本か二本という所が良い。

何だったら、階段を上に昇降できるならツリーハウスでも良いかもしれない。

とにかく入口が少なく、護り易いのが個人的ベストです。

 

因みに私のお眼鏡に叶った近所でこの条件を満たしているお宅は、ヤクザの親分さんの邸宅でした。

さっすがー!急襲に万全っ‼︎(笑)

 

そして食料!

「そんなもん、非常事態だから町のスーパーとか押し入ってかっぱらえば良いじゃんw」

とか言う人は90%くらいの確立でゾンビに喰われます。

 

そんな人が多い所に行ったら…ゾンビの海にダイブしに行くようなもんです。

なんも90%で新しいゾンビ増やしに行かないで下さい。

そして、あと16%は暴徒に襲われます。

そんで、あと4%はきっと暴徒です。

 

そもそもゾンビは人間が何かの理由で変異して生きる屍になった物なので、人が居る所は大変なゾンビの量になっているはず。

そして武装した暴徒も食料を求めて集まって居るはずです。

行ったら死にます。

 

ではどうするか…自給しかありません。

ここは本当に悩みどころで、私なら山に入り食える草や木の実や根っこを熊のように探します。

屋上や日光の入る場所で種を蒔いてアルファルファなどのガンガン育つ物を栽培します。

 

でもここら辺は本当に厳しいでしょうね(~_~;)

なので、私は普段から保存食備蓄作業大好きさんです。

プレッパーズと言う人種です(笑)

 

ちなみに、徒党を組めるなら、マンションなど一棟を丸々使って入り口封鎖ってのがいいでしょうね。

そして屋上で野菜栽培や雨などを溜めて飲み水の確保等々…

できれば家族連れの人達数家族と組めたらかなりいいと思います。

特に女性や子供は本当に助かるでしょうね。

 

ところで、昔入院していた頃にリハビリの先生達に、この「ゾンビ怖い」話を力説した事があったのですが、とても有意義な話が聞けました。

 

まず、ゾンビは日を追うごとに腐って行くわけですが、先生曰く、腐敗すると言う事は筋や神経も腐ると言う事であるので、筋肉や骨を繋いでいる所は死後数分で腐り始める程脆いらしく、案外あっさりと動けなくなるだろうと言う事です。

もう身体の全ての関節が駄目になるので…動いても瀕死の芋虫状態であろうと。

 

そして、物凄く関節が脆いと言いましたが、腐った死体の脆さは私達素人の想像以上らしいです。

男性の先生によると成人男性の握力なら、手の関節とか握ってめりめりっと簡単に折れるくらいだそうです。

 

なので、リハビリの先生さん達のオススメは…

『基本家から出ない。

出る時は大きめスコップなど持って行き、ゾンビの膝をコーンと打ち抜いたら簡単に転ぶので、さっさと立ち去る』

でした。

 

そうですね、殺す必要なんか無いわけですから相手の動きを止めて、さっさと立ち去ればいい訳ですね。

ついついバイオハザードやらなんやらの影響で戦わないといけない気になりますが、そんなヒーローじゃないんだから一般人は賢く大人しく逃げてりゃ良いんです。

 

そしてゾンビから身を護る為の勉強も怠ってはいけません。

発売日に購入しましたとも。

 

マックス・ブルックス著 『ゾンビサバイバルガイド』

f:id:morokoshisan:20170228170120j:plain

これは真面目なとっても為になる本です。

愛読しております。

そして、もう一冊。

 

ジョン・オースティン著 『ゾンビの作法』

f:id:morokoshisan:20170228170642j:plain

 

そうです、万が一…万が一ゾンビになってしまったら!

 

…なってしまったらしょうがありません。

由緒正しいロメロゾンビになるべく、失礼の無いように人々を襲うべく礼儀作法も学ばなくてはいけません。

最近のボルトも真っ青な速度で走る活きの良いゾンビはナンセンスです。

あんなもん、股関節外れるまで走ってくるじゃないですか。

 

ゾンビは質と量で押すのが良いのです。

 

それに襲う相手も重要です。

けして自衛隊や消防隊員、警察官、武道家チャック・ノリス、チェーンソー持った木こり等を襲ってはリスクが高い等、ゾンビ一年生を手取り足取り教えてくれます。

 

こうして、私はウン十年間ゾンビについて学んできた訳です。

 

それについて旦那に懇々と力説しました。

そうすると、旦那はしっかりと耳を傾け聞いてくれた後、この様に述べました。

 

「うん、そうだね。

でもね、たぶんゾンビパンデミックは起きる可能性は今のところ結構少ないと思うから、普段は交通事故に気をつけようね(^∪^)」

 

…ああ、そうっすね。

はい。