読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらたまだんご

古典妖怪オタク絵師の絵やら雑記やら諸々の話

あいぽんさんが大破でござる。

雑記

こんにちは。

今日は節分ですね。

みなさん恵方巻き食べましたか?

鬼の面をかぶってバッチバチ豆を胃にも体にも喰らいましたか?

 

私は早速お昼に恵方巻きを丸一本、北北西に拳王様の如く仁王立ちでもっしゃもしゃと頂きました。

中身は椎茸・かんぴょう・卵焼き・高野豆腐・キュウリという、よく言う「出汁が滲み滲みで旨いのよっ!…色がほとんど茶色だけど。」っていう物です。

非常に美味しかったです。

ビバ!椎茸様!いいお出汁!

 

そしてメインイベントの豆まきでは、本当はお面かぶって山のようにバッチこバッチこ豆喰らって、最後豆当てまくったガキンチョを追いかけ回して捕まえてうりうりしたいのですが、それは叶いませんでした。

 

さて…話は変わって、見出しの「あいぽんさん」ですが…

私の愛用iPhone6さんの愛称です。

 

銀色のクールで愛すべき、よく言った事をきっちりやってくれる素敵な奴です。

そのあいぽんさんが…こんな事になりました。

f:id:morokoshisan:20170203142525j:plain

ぷぎゃー!!ですよ(笑)

これシート張ってあるんで、どうにか細かい傷は見えにくいですが、現実に見ると現代アートみたいな状態になってます。

 

これが丁度、四日前くらいの話ですね。

道でお婆ちゃんに道を聞かれたんで、検索して周辺の地図を出しながら説明しようとして、見せてあげようとしゃがんだら…つるっと手から滑ってコンクリの道路にガチャン!

ちょいっと拾って…なーにあいぽんさんは丈夫だから大丈…ぎゃーーー!!って寸法です(笑)

 

という訳でケータイ保障お届けサービスセンターにお願いしてウン千円で交換になってしまいました。

まぁ…仕方ないですね、ぽろっとしちゃってガチャーンですから。

でも、サービスセンターの仕事はとても速くてですね、二日で届きました。

 

皆さんはケースとかにこだわりはありますか?

私はスマホケースは今まで革のオサレなやつを使っていたのですが、この画面大破によって一気に耐衝撃性能に目覚めました。

 

早速いそいそと家電量販店のスマホコーナーに行って物色です。

今は可愛い物やオサレな物、スタイリッシュな物…色々ありますね。

ドラえもんの道具の暗記パンをかたどった物はすごく可愛かったです。

 

一瞬、ロックバンドのQUEENが好きな私は、ついロゴが入ってるケースに誘われて手に取りそうになりましたがグッと堪えました。

私が今望むのは耐衝撃!

もう二度とあいぽんさんを壊したくないので頑丈なのをチョイスです。

 

それがこちらっ!『CATALYST

f:id:morokoshisan:20170203152231j:plain

水深5m完全防水・2mの耐衝撃プロテクション・防雪・耐塵性!

これでもかって感じです。

私はこれから険しい雪山に山岳登山にでも行くのか?エベレストか?チョモランマか?って代物です。

ついでに「容易な着脱」「クリアなスピーカー音再生」とまでかいてあります。

今のケースってすごーいですね。

 

さて、説明を読んでみると…

え?一回空の状態でセットして水に漬けてテストすんの?

そっか、不良品だったらケースの中でスマホの水缶詰になるしね…

箱から出して、パチンパチンとケースを留めて、台所に行ってボウルに水張ってぼちゃん…このまま30分放置だそうです。

その間に新しいあいぽんさんに設定を施して…前のあいぽんさんのメモリを消去!

 

そうこうしている間に30分のテストも無事終わり、新あいぽんさんをケースに入れる時がやってまいりました。

テストの時にくっつけた上蓋を開け…ん?

え?めっちゃこれ硬いんですけど…びくともしないんですけど…

説明書をみると、開けるのはコインが必要みたいです。

と言っても課金しろってんじゃないですよ?引っ掛けて外すんだそうです。

 

では早速100円玉を用意して…

うごーーーっ!!硬すぎる!まったく開く気配がないんだけど!!

 

もう私の脳裏には、開かなくなった空のスマホケースを量販店にて開けてもらってる自分の姿しか浮かびません。

それか、無理やり腕力で外して買って30分で不良品にして途方にくれている姿です。

「容易な着脱」って書いてあったのに。

 

いやだーそれはいやだ!と握った100円を手に必死に祈ったのが良かったのか、どうやったのかまったく分かりませんが、ぱかっと数十分後に開きました。

 

装着時がこちら。

f:id:morokoshisan:20170203161057p:plain

無骨ですねー。

結構すきです(笑)

 

これでやっとあいぽんさんを守ることが出来ることでしょう。

よきかなよきかな。

 

その後、旦那に今日は結構大変だったよと言いつけると、これをくれました。

桜玉吉先生著『伊豆漫玉日記』

f:id:morokoshisan:20170203161808j:plain

桜玉吉先生は私の大好きな漫画家さんなのですが、一番心配な漫画家さんでもあります。

なんというか…ちゃんとご飯食ってるの?体壊してるんじゃないの?てかお金あるの?

…てな具合になんかもう心配で心配で。

たぶん、きっちり飯も食ってるだろうし体壊しても年の功と経験で切り抜けられるだろうし金も確実にあって、我が家よりも富豪でしょうが、そう心配してしまう雰囲気がある方でして。

 

…夫婦共々、この人の漫画、見かけたら買っちゃうんだなこれが。

でもとても面白い漫画家さんなので満足なのです。

 

さっそくこれを読んだら、旧あいぽんさんを郵送してセンターに送らないといけません。

…さようなら旧あいぽんさん、センターで修理して綺麗に生まれ変わって、また元気に働いてね。