読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらたまだんご

古典妖怪オタク絵師の絵やら雑記やら諸々の話

風神雷神図&左手の話

これは2015年の初めあたりに描いた風神雷神図です。

この絵は、もともと風神雷神が好きな事と、当時、足りない頭で色々と試行錯誤した思い出深い絵なんで、ちょくちょく引っ張り出してきては色々な所に貼り付けてます。

f:id:morokoshisan:20170110210330j:plain

 

この絵を描くさらに三年ほど前の話になります、私は原因不明の若年性の脳梗塞で右方麻痺と失語症を患いました。

…で、性格がリハビリに向いていたせいもあるでしょうが、7ヶ月ほどで失語症と脚の麻痺はほぼ一般の人が気が付かないレベルまで回復しました。

ですが私の右肩から右手指先まで麻痺が残り、触覚もほぼ無くなってしまいました。

 

でもまぁ、使っていればだんだんと脳の神経組織が再構築されていって運が良ければするするっと動くようになるかもしれないので、また右手で絵が描けるようセコセコと1~2年ほど頑張っていたのですが、やっぱり私の場合は右手周辺の脳神経の被害が酷かったようなので、ほかの場所のようにはいかず完璧には戻りませんでした。

 

そんな時にふと

「うーん、右手回復させる前に左手で描いた方が早くね?」

と思っちゃったんですよね(笑)

 

治ったらいいなーとは思ってたけど、何で右手に拘ってたかなぁ?やってみようやってみよう!

どうせなら大好きな妖怪画にしよう!

子供の頃、親から「そんな気持ち悪い絵を描くのはやめなさい!なんでこんなに気持ち悪い子なんだろう?」と散々言われて以来、まず描かなくなったけどいいよね?

もう大人だし~どうせキモいオタク豚だし~デュフフ☆

って事で左手で描いたのがこの絵なんで、思い入れがあるんですよね(笑)

 

最初はもう描けないかもな~とか思ってたんですけどね。

水木しげる先生のキャラクターは健康な頃にちょろちょろっと描いたりはした事あるんですけど、こんなに必死に描いた妖怪画は小学校一年生以来です(笑)

 

いや~大きくなったね~私!

体積も容積も表面積もっ!

 

で…長々と書きましたが…何が言いたいわけ?と言われたら

人間やってみたらいけるもんですよ?…ってお話でした。